福島の採用に関する情報をお届け

採用コラム

採用パンフレットとは?会社案内と
の違いや制作の3大ポイントを解説

採用活動で、会社案内のパンフレットを配布していませんか?求職者へ効果的に訴求するには、採用活動専用のものを準備するのがおすすめです。同じパンフレットなのに効果が変わるのはなぜでしょうか?それは、双方のパンフレットには大きな違いがあるからです。今回は、その違いについてお話します。

目 次​

1.はじめに

2.採用パンフレットと会社案内の違いとは?

3.心をつかむ採用パンフレットを作る3つのコツ

4.まとめ

1.はじめに

ハローワークの求人票や従来の求人広告だけでなく、自社オリジナルのツールを使用して採用活動に使用する企業が増えてきました。中でもパンフレット型の紙媒体は、手軽に自社のカラーを打ち出せるので導入している所も多いのではないでしょうか。しかし、営業用に作っていた会社案内があるからとそれを採用でも併用していたりしませんか?同じ”パンフレット”でも、会社案内と採用活動用とでは実は全く異なる情報を求められているのです。今回は、採用パンフレットと会社案内はどのように違うのかを解説します。最後に採用パンフレット作成のコツもご紹介しますのでぜひご参照ください。

2.採用パンフレットと会社案内の違いとは?

3つのポイントをピックアップし、それぞれの媒体が持つ主な役割や違いを表にまとめました。

① ターゲット

採用パンフレットはその名の通り“採用”が目的であり、ターゲットは求職者です。高卒採用の場合は進路指導の先生や生徒の保護者もその対象に含まれますが、新卒者で特に若い世代が大部分を占めています。一方会社案内は、取引先やクライアントなどのステークホルダーをターゲットとして作るものです。訴求したい相手の属性はもちろん世代も大きく異なりますので、後述する目的に合わせた内容や誌面デザインを考えて作成することが重要になります。

 

② 目的

作成・使用の目的はそれぞれ表の通りですが、採用パンフレットの目的である入社意欲や志望度のアップにとても重要なことは“働く自分の姿をイメージしてもらう”ということです。例えば業務の内容や働いている様子などのコンテンツは、どんな仕事をするのか、どんな人が働いているのかが一目瞭然で求職者のニーズにマッチしますね。営業や商談目的である会社案内は、商品やサービス紹介、実績や事例を大きく打ち出していることも多く求職者にはいまいちピンとこない内容なことがほとんどのため、興味・関心を引く効果が薄れてしまう恐れがあります。

 

③ 使用するシーン

採用パンフレットは、会社説明会や学校訪問の時などで主に使用する媒体です。文字だけの求人票や言葉での説明では分かりづらいような情報を、パンフレットの視覚的に訴えるようなデザインや写真を活用して補完します。最近では、採用サイトからパンフレットを閲覧できるようにするなどWebと紙媒体を複合的に使用する企業も多いです。

3.心をつかむ採用パンフレットを作る3つのコツ

会社の基本情報から業務内容、待遇・福利厚生など、求職者が必要としている情報を掲載することはもちろんですが、前述の目的を達成し採用活動の成功に繫げるには、求職者の心をつかむ内容であることが大切です。コンテンツを考える際には、ぜひこれからご紹介する3つのコツを意識して作成してみてください。

 

① 分かりやすい言葉を使う

公に出す媒体ですのでつい硬い言葉や専門用語を多用してしまいがちですが、求職者の目線に合わせた分かりやすい言葉で伝えるようにしましょう。また、写真ばかりでなく活字もしっかりと入れ込むことで視覚で得た情報を脳内で言語化することができ、企業が伝えたい事がよりイメージしてもらいやすく理解度もぐっとあがります。

 

② “顔”を見せる

社長挨拶のページで代表者の写真を使ったり、現場で働く社員の様子や先輩社員からのメッセージなど、社内の人々の“顔”を見せるコンテンツを入れ込みましょう。文字だけで理念やビジョンなどを伝えるよりも代表者や先輩社員の笑顔が見えるだけでウェルカムな雰囲気が伝わりますし、現場でイキイキと働く様子や社員同士の関わりなど企業のリアルな姿が見えると実際の社会人生活がイメージしやすく入社意欲をより刺激します。

 

③ ちょっとした遊び心も忘れずに

企業情報や待遇面についてなど、堅苦しい内容になってしまいがちな採用パンフレットではありますが、求職者が最後までしっかり目を通し「楽しく働くことができそうな企業だな」と好印象を持ってもらうためにも、コンテンツに少し遊び心を加えてみるといいと思います。例えばポップなデザインをアクセントにしてみたり、社員の1日を読み切り漫画のようにしてみたり、読み手が楽しくなるような工夫をしてみましょう。

 

4.まとめ

いかがだったでしょうか?採用パンフレットと会社案内は、使用するターゲットも目的もまったく異なるため、分けて作成・使用することが結果的に採用活動成功への近道となります。自社の求める人材とのいい出会いを作るきっかけとなるような最適なツールを準備しましょう!

 

福島採用.comでは、採用に関するお役立ちコラムの他、採用パンフレットや採用動画など採用活動で使える様々なツールも取り扱っております。「新たに採用パンフレットを作成したい」「求人募集への反応が悪い」などのお悩みがありましたら、いつでも気軽にご連絡ください!

新着コラム

高卒採用独自のルール「一人一社制」とは?
企業にはどんなメリット・デメリットがある?

「一人一社制」は、大卒や中途にはない高卒採用だけの独自のルールです。なぜ、高卒採用にのみ適用されているのでしょうか?また、企業や高校生にとってはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?今回は、「一人一社制」について詳しくお話します。

続きを読む≫

高校生は求人票のドコを見ている?
高卒採用求人票作成のコツも解説

高卒採用で必須のツールといえば、ハローワークにて申請・取得する求人票です。求職者である高校生は、求人票のどこに注目して応募先を選定しているのでしょうか?本記事では、現場の声を基に高校生の求人票注目ポイントと求人票作成のコツについてお話します。

続きを読む≫

「第二新卒」はなぜ注目されている?
メリット・デメリット、採用のポイントも紹介

今採用市場で注目されている「第二新卒」ですが、その定義や採用のメリット・デメリットについてご存じですか?今回は、若手人材採用で役立つ「第二新卒」について詳しくお話します。

続きを読む≫

五月病って何?
企業に与える影響や原因、対策法を解説

新生活のスタートからしばらくして流行り始める「五月病」は、なぜ発症するのでしょうか?社員が患ったら、企業にとってはどのような影響が出るのでしょうか?今回は、五月病の原因や企業がすべき対策について解説します。

続きを読む≫

上部へスクロール

高卒採用スターターキット

送信ありがとうございました。

下記のボタンからダウンロードして下さい。