福島の採用に関する情報をお届け

採用コラム

今注目の「ATS」とは?導入ポイ
ントやメリット・デメリットも紹介

「ATS」という言葉をご存じですか?採用シーンで今話題のシステムですが、なにができるシステムなのか、導入のメリットはなにか、など詳しく知らないという方は少なくないと思います。今回は、ATSの基本やメリット・デメリットなどについてお話します。

目 次​

1.はじめに
2.ATSとは?
3.ATS活用のメリット
4.ATS活用のデメリット
5.導入のポイント
6.まとめ

1.はじめに

求人の掲載や採用ブランディング、応募者の管理、選考など、採用活動における業務は多岐に渡り、また、近年の採用・求職活動のデジタル化も相まってとても煩雑になってきています。そんな採用活動を効率的に進めるために注目されているのが「ATS」というシステムです。今回は、ATSとはなにか、そしてATS導入のポイントやメリット・デメリットについて解説します。

2 .ATSとは?

ATSは「Applicant Tracking System」の略で、採用管理システムのことを意味します。採用に係るプロセス全体をシステム上でまとめ、膨大な応募情報や応募者への対応をスピーディに処理することができるツールです。サービスを提供している企業は多数ありますが、以下のような項目を主にフォローしています。

 

・求人媒体への求人情報掲載

・応募者管理

・選考の進捗や結果の管理

・採否通知・内定者フォロー

・全体的なスケジュール管理

 

他にも、応募・採用状況の分析やレポートの共有、自社の採用ホームページ作成などのサービスを利用できるものもあります。

3.ATS活用の4つのメリット

① 採用活動を一括管理できる

複数の求人媒体を利用していても、新卒や中途など異なる属性の採用を同時に進めていても、あらゆる採用プロセスを一つに集約して管理できるので全体の進捗状況などが把握しやすくなります。また、自動処理により様々なプロセスの効率化が見込めるため迅速な求人の作成や応募者対応が可能となり、競合他社に差をつけ採用のチャンスを作り出すことができます。

 

② 状況や進捗の共有が簡単にできる

担当者間でアカウントを作成したりログイン情報を共有しておくことで、いつでも最新の情報を確認することが可能です。また、ミーティングなどでも画面を見ながら話ができるため、過剰な資料を準備する手間も省くことができます。ATSソフトを開けば全員がいつでも同じ情報を得ることができる手軽さも良いですね。

 

③ 抜け・漏れが防止できる

応募者への連絡の遅れや抜けは応募者の志望度ダウンに繋がり、せっかく応募してきてくれた人材を逃してしまう恐れがあります。一括管理ができるATSを利用すれば、応募者ごとの進捗が分かりやすくなり業務の抜け漏れを防止することができます。

 

④ PDCAをタイムリーに回すことができる

リアルタイムの状況把握や担当間での情報共有が簡単にできることから、タイムリーなフィードバックが可能となり採用計画の軌道修正やブラッシュアップをスピーディに行うことができます。市場の変化にも柔軟に対応でき、業務効率や訴求力をアップして自社の採用力強化が見込めます。

4.ATS活用の2つのデメリット

① 採用コストが上がる
有料で利用するものですので、導入前はExcelなど元々あるソフトで管理していた場合には、導入後はコストがアップします。初期費用や月額料金、追加オプションにかかる価格などを比較して、採用ビジョンと費用対効果を考慮し自社にあったサービスを選びましょう。


② 慣れるまでに時間がかかる
便利な機能がたくさんあるものの、人によっては操作感などになかなか慣れず、使いこなしたり導入のメリットを実感したりするまでに時間がかかる場合もあります。

5.ATS導入のポイント

導入する際には、以下の2つのポイントを抑えておきましょう。


① 自社のニーズ・予算に合うものを選ぶ
「評判がいい」「他社より低価格」などの理由で安易に決めてしまうと、自社の”やりたいこと”と”実際にできること”にミスマッチが発生し、せっかく導入したにも関わらずATSのメリットを生かし切ることができない可能性もあります。
・どのような機能が欲しいか
・使いたい求人媒体はなにか
・ATSにかけられる予算はいくらか
を事前に明確にしてから、どのATSを導入するかの比較・検討を行いましょう。


② 使える機能・使い方を確認する
基本機能の項目、追加オプションの有無や項目、システムから掲載可能な求人媒体の種類などは忘れずにチェックしておきましょう。また、導入前の自社の採用管理のやり方やシチュエーションをまとめておき、違和感なく導入できるのか、担当者全員で活用していけるかを踏まえて選ぶことも大切です。

6.まとめ

ATSは、採用のプロセス全体の高速化と共に採用の質を高めることができる非常に便利なシステムです。競合他社に差をつけるためには、マーケティングとスピードが大切です。自社にぴったりのATSを選び活用することができれば、激化する採用戦線を勝ち抜く大きな力になるかもしれませんね。

 

福島採用.comでは、採用に関するお役立ちコラムを発信している他、採用活動に使えるパンフレットや採用サイトなどのツールのご相談も随時受け付けております。「採用パンフレットを新調したい」「効果的に自社をPRできるツールを知りたい」などのお悩みがありましたら、いつでも気軽にご連絡ください。

新着コラム

高卒採用独自のルール「一人一社制」とは?
企業にはどんなメリット・デメリットがある?

「一人一社制」は、大卒や中途にはない高卒採用だけの独自のルールです。なぜ、高卒採用にのみ適用されているのでしょうか?また、企業や高校生にとってはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?今回は、「一人一社制」について詳しくお話します。

続きを読む≫

高校生は求人票のドコを見ている?
高卒採用求人票作成のコツも解説

高卒採用で必須のツールといえば、ハローワークにて申請・取得する求人票です。求職者である高校生は、求人票のどこに注目して応募先を選定しているのでしょうか?本記事では、現場の声を基に高校生の求人票注目ポイントと求人票作成のコツについてお話します。

続きを読む≫

「第二新卒」はなぜ注目されている?
メリット・デメリット、採用のポイントも紹介

今採用市場で注目されている「第二新卒」ですが、その定義や採用のメリット・デメリットについてご存じですか?今回は、若手人材採用で役立つ「第二新卒」について詳しくお話します。

続きを読む≫

五月病って何?
企業に与える影響や原因、対策法を解説

新生活のスタートからしばらくして流行り始める「五月病」は、なぜ発症するのでしょうか?社員が患ったら、企業にとってはどのような影響が出るのでしょうか?今回は、五月病の原因や企業がすべき対策について解説します。

続きを読む≫

上部へスクロール

高卒採用スターターキット

送信ありがとうございました。

下記のボタンからダウンロードして下さい。